Reading

おばあちゃま、世界を翔ぶ
〜情熱とコンパッションの半生記〜

New York ビズ!にて連載中
Vol. 98

新しい年の過ごし方

新年にあたって、日本人の本質を考えて、喜ぶ

あっという間に1月ももうすぐ終わりですね。2019年は、新しい天皇が即位されて、いろいろな行事があって、そのたびに日本人であることを誇りに思って嬉しい年でした。

2020年は、日本が変わると言われている年。せっかくなので、新年のご挨拶にも書きましたが、日本人の本質は、いったいどこにあると皆様は思われますか? 私は大体五つのことを考えました。これは、今年の干支の子(ねずみ)の良い性格につながるので、大変うれしいです。皆よい本質ですから考えてみてください。他にもあなたが思いつくことがあったらぜひ教えてください。

1を聴いて10を想像

(1)まずは1を聴いて10を想像できる能力。
ニューヨークに長く住み、世界各地で仕事をしてきましたが、何も言われなくても心の中にあることや、言葉の裏にあることを想像してそれに対応することができるのは、日本人の特徴です。 世界各地で、あなたが言ったことを相手が分かっていると思うのは大変危険です。私は最初の何年間かは大変苦労しました。大げさに15倍ぐらい言って、やっと分かってもらえます。その国によって、文化の違いから間違った解釈が多いですから、気をつけてください。

他人に対する思いやり

(2)他人に対する思いやりがある。その人の感情が分かる、ということですね。1つ目の特徴とも共通しています。
とにかく日本人は、相手の気持ちを想像してみて、その人の気持ちになってみて、感じる、ということを、小さいころからずっとやってきています。
私は感情を伝えられる芸術家になりたかったので、ピアニストを目指していた時は自分で特別なトレーニングをしていました。毎朝、新聞を広げて、色々な記事を読みます。その時に、そこに関係している人たちの気持ちを大げさに感じる事をしていました。悲しい記事では本当に悲しくなってしまうのですが、一生懸命考えて大きく悲しんでその人と泣き、嬉しい記事には一緒に喜びました。
こういうふうにして感情の幅を広げて、他人の気持ちをよりしっかり分かるための訓練をしていました。

些細な事にも気を配る

(3)些細な事にも気を配る。これも日本人の特徴ですね。
本当に細かいことまで気にかけて、美しくやろうとか、きちんとやろう、と考えることができるのは素晴らしいことです。

時間を重んじる

(4)時間を重んじる。これは特に日本人が上手なことです。相手に対する尊敬です。これに対して日本人はプライドを持っています。
時間は人の命ですから、約束に遅れるということは、その人の命を盗むということです。返済はできません。このことを理解できない人たちは世界にはたくさんたくさんいますね。
自分の口から出たことはできるだけ守る

(5)自分の口から出たことはできるだけ守る。これも日本人ならば、自然な努力をさっとやっていることですね。

心の新陳代謝

私は肉体の新陳代謝が必要であると同時に、心の新陳代謝も必要だと思います。これはまた、他の機会にお話したいのですが、と思います。
私は日本人の素晴らしい本質はこんなところにあるのではないかと思っています。新年に言うご挨拶も単に、ハッピーな新年、というのでなく「新年明けましておめでとうございます」といいます。
新年明けましてというのは、明るく、基本に開く、ということを示します。日本人であることを誇りに思って、新年が来たら新鮮な気持ちであるがままの本質に戻り、その意識を改めて再生させて、一から始めるという、それが日本人らしい新しい年の過ごし方だと思います。
もう一度心を込めて言いたいですね。「新年明けましておめでとうございます」